トップ > 参考書選びの参考になれば

参考書選びの参考になれば

"人生で一番勉強したのは大学浪人をしていた1年間です。

私大文系だったので英・国・日本史さえすればよく、1科目当たり1日4時間の計12時間勉強していました。

この中で使ったのは日本史の参考書です。あえて社名を出しますが山川出版の参考書がベストだと思います。他の参考書に比べて山川出版の教科書はなぜか入試問題に出ることが多い、というのは受験生の中では常識だと思います。

入試で日本史、世界史を選択される方は是非山川出版の参考書をお使いください。

その他、参考書について言えるのは必ず最後に索引のついている参考書を使ってください。索引のない参考書などは全く役に立ちません。自分の分からない項目を調べるのが参考書ですから、素早く該当の項目を調べることができる索引が不可欠なのです。

参考書選びに迷ったら、先生に相談するのもよいでしょう。先生はおそらく自分の持っている参考書をもとに試験問題を作るでしょうから、先生お薦めの参考書を持っていると定期考査にも強くなるんじゃないでしょうか。"


前の記事 | 次の記事

関連記事